MENU

夜景INFO 夜景INFO

工場・埠頭の夜景ランキング 2022年度版


1位

金城埠頭地区緑地[ 愛知県名古屋市港区 ]

ポートメッセなごやの南側に視界が開けた緑地があり、展望広場が整備されています。新日鉄を中心とした工場夜景と名港トリトンのライトアップが観賞できます。

2位

鷲羽山スカイライン 水島展望台[ 岡山県倉敷市 ]

鷲羽山とは対照的に夜間になると多くの人が集まるのがこの鷲羽山スカイラインです。1995年に無料解放され、それからは夜景観賞目的に訪れる人が増えたようです。

3位

品川埠頭[ 東京都港区 ]

東京ベイエリアで車内からレインボーブリッジを観賞できる場所は限られていますが、品川埠頭からは間近に見えるレインボーブリッジを車内から観賞できます。

4位

垂坂公園・羽津山緑地[ 三重県四日市市 ]

垂坂公園は自然に囲まれた緑豊かな公園で、公園の高台にある展望広場からは四日市市の工業地帯を中心とした夜景を眺めることができます。

5位

網干なぎさ公園[ 兵庫県姫路市 ]

網干高校の南に広がる網干なぎさ公園の高台からはダイセル化学工業方面を中心とした工場夜景を楽しめます。姫路を代表する工場夜景スポットとしても知られているようです。


6位

千鳥町 貨物ヤード前[ 神奈川県川崎市川崎区 ]

近年ブームとなっている工場夜景スポットですが、川崎では浮島町と千鳥町が特に人気となっていて、千鳥町は化学系プラントを中心とした迫力ある夜景を眺められます。

7位

川崎マリエン[ 神奈川県川崎市川崎区 ]

川崎マリエンは川崎の工場夜景を360度眺められる展望室として知られており、無料開放もされていて気軽に訪れることができます。

8位

大阪港第三突堤第七岸壁[ 大阪府大阪市港区 ]

【2017年12月8日以降閉鎖されました】 通称「ナナガン」とも呼ばれる埠頭エリア。週末には愛車を撮影したり夜景観賞を楽しむカップルが集まる場所として知られています。

9位

千葉ポートタワー[ 千葉県千葉市中央区 ]

千葉県民が500万人を突破したことが記念で1986年にオープンした千葉ポートタワーからは千葉港を中心とした夜景を楽しめます。

10位

鷲羽山スカイライン[ 岡山県倉敷市 ]

無料開放された水島コンビナートのベストビューポイント。水島展望台から62号線に向かう途中に視界が開けたポイントがあります。


11位

亀島山花と緑の丘公園 展望広場[ 岡山県倉敷市 ]

標高78mの小さな山に整備された自然豊かな公園。頂上の展望広場からは見晴らしが良く、水島コンビナートを中心に360度近い夜景が見渡せます。駐車場から7分程度歩きますが、苦労に見合うだけの夜景が期待できます。

12位

袖ヶ浦海浜公園[ 千葉県袖ケ浦市 ]

公園内の高さ約20mの展望塔からは、東京湾を中心とした夜景と袖ヶ浦の工業地帯を眺めることができます。

13位

海岸3丁目[ 東京都港区 ]

港区の海岸3丁目にループ橋とレインボーブリッジを眺められるポイントがあり、防波堤の上からは迫力ある埠頭夜景を楽しめます。

14位

東扇島東公園[ 神奈川県川崎市川崎区 ]

東扇島にできた新しい公園からは千鳥町・浮島町方面の工場夜景を眺めることができ、雰囲気も良く工場夜景デートにも使えそうです。

15位

水江運河前[ 神奈川県川崎市川崎区 ]

水江運河の道路の上からは東亜石油の製油所を中心とした工場夜景を眺めることができます。


16位

根岸加曽台七曲り坂[ 神奈川県横浜市中区 ]

JR根岸線根岸駅と山手駅の間に位置する根岸加曽台には夜景を眺められるポイントがあり、訪れる人が少ないことから穴場スポットと言えます。

17位

新磯子町[ 神奈川県横浜市磯子区 ]

横浜市内の工場夜景スポットとして有名な新磯子町。海岸沿いからは製油工場を中心とした夜景を車内からも眺められます。

18位

エコパークあぼし[ 兵庫県姫路市 ]

エコパークあぼしの芝生広場には見晴らしの丘があり、ダイセル化学工業方面の工場夜景を一望できます。

19位

昭和四日市石油南側[ 三重県四日市市 ]

昭和四日市石油の南側にある道路から製油所や中部電力の変電所を中心とした夜景を観賞できます。車内からも工場夜景を観賞できる貴重なスポットとも言えます。

20位

磯子・海の見える公園[ 神奈川県横浜市磯子区 ]

ポンプ場の屋上に整備された開放感ある公園。公園の展望デッキやスロープからはヨットハーバーに停泊する船や工場の夜景を観賞できます。


21位

半田緑地公園[ 愛知県半田市 ]

衣浦海底トンネルから程近い公園。高さ26メートルの展望台からは衣浦港の対岸にある工場夜景を観賞できます。室内の展望台は真っ暗でガラスも汚れているため、階段途中にある広場からの観賞がおすすめです。

22位

鈴川港公園[ 静岡県富士市 ]

平成24年3月に完成した津波避難タワー。階段を上ると徐々に視界が広がり、吉原駅方面を中心に富士ロジテックや田子の浦方面まで見渡せます。夜間も街灯で照らされており、安心して夜景が楽しめます。

23位

手向山公園[ 福岡県北九州市小倉北区 ]

高さ76mの山頂に展望台が整備されており、街明かりと距離はありますが、北九州アイアンツリーや工場群を見渡せます。宮本武蔵のゆかりの地としても知られています。

24位

黒崎城跡[ 福岡県北九州市八幡西区 ]

整備された展望デッキからは三菱ケミカルを中心に工場夜景はもちろん、黒崎駅周辺の市街地まで広範囲に見渡せ、街との距離が近いことから、見応えのある夜景が楽しめます。

25位

向山公園[ 福岡県苅田町 ]

工場夜景のラスボスと言えば三菱マテリアル九州工場。肉眼で見ると、写真とのギャップにガッカリする可能性大です。ただし、望遠レンズをお持ちの方は撮影におすすめです。


26位

安中駅[ 群馬県安中市 ]

安中駅前の歩道橋がビューポイント。駅の真上にそびえ立つ亜鉛工場を見渡せ、まるで要塞がそびえ立つような景観に圧倒されること間違いなし。

27位

田海[ 新潟県糸魚川市 ]

化学製品を製造しているデンカ田海工場の周辺の道路は、視界が広がるポイントがあり、化学工場のプラントを間近に見渡せます。

28位

浮島町 貨物ヤード前[ 神奈川県川崎市川崎区 ]

川崎の工場夜景を筆頭に全国で工場夜景ブームが起きていますが、自家用車で行ける範囲では浮島町が最も迫力ある工場夜景スポットと言えるでしょう。

29位

霞ヶ浦緑地[ 三重県四日市市 ]

四日市港の海岸線に沿った南北に細長い公園からは化学工場を中心とした夜景を眺めることができます。

30位

新港第三突堤[ 兵庫県神戸市中央区 ]

新港第三突堤からは神戸大橋から神戸ハーバーランド方面まで150度以上の夜景を眺めることができ、車内からも夜景を楽しめることも特徴の一つです。週末は釣り人でも賑わっているようです。